素人の園芸録

素人が園芸をしていく中の成長記録や使用機材の紹介をしていきます

パキラは春から秋は屋外管理がおすすめ

f:id:sazis:20240510163506j:image

この植物は我が家で育てているパキラです。
3年前にダイソーで300円で購入しました。
最初は小さかったのですが、3年で大きく成長しました。
パキラは100円ショップやホームセンターなど、どこにでも売っており、入手するのが簡単で、
管理も難しくない、観葉植物です。
大きく5枚に開いた葉っぱが魅力的な植物になっています。
今回は、我が家で実践しているパキラの春から秋にかけての育て方を紹介します。

植え替え

まず、植え替えです。今まで、去年と今年、2回植え替えをしてきました。
成長が早い観葉植物なので、近年は年に1回、5月に植え替えを行っています。

使用している土は、室内観葉植物用の土を使用しています。

 

置き場所

置き場所は、冬の間は室内で管理をしていましたが、
5月からは屋外の明るい日陰に置いています。
パキラは年中、室内で管理する方も多いと思いますが、
春から秋にかけては屋外での管理をおすすめします。
2年ほど前から春から秋に屋外で管理をしていますが、
屋外管理の方が、葉っぱが大きく育ち、株自体も元気になりました。
真夏の直射日光があたると葉焼けをすることもありますが、
日陰や半日陰に置けば、その心配もありません。
以前、一度、多くの葉っぱを葉焼けしたこともありましたが、
今では、葉焼けはほとんど起きていません。

 

水やり

水やりは、土が乾いたらたっぷりと与えるようにしています。
パキラは比較的に乾燥に強い植物ですが、水やリをしないと
水枯れを起こして、枯れてしまうことがあるそうです。
なので、定期的に土や葉っぱの様子を見るようにしています。
また、水をあげすぎても根腐れの原因になるので、注意が必要です。

 

肥料

肥料に関しては、春から秋にかけて週に1回程度、液体肥料を与えています。
肥料を与えると、どんどん茎を伸ばして、葉っぱもたくさんつけることができます。
肥料がなくても問題ありませんが、パキラを大きくしたいなら肥料を与えてみると良いと思います。

 

以上が春から秋にかけてのパキラの育て方です。
パキラは条件が揃えば、どんどん大きく成長する観葉植物なので、育てがいがあると思います。
管理も簡単なので、初心者の方や細かいお世話が難しい方におすすめの観葉植物です。
興味がある方は、100円ショップやホームセンターを探してみるのもいいかもしれません。